PhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucket

Come on Baby Blue
Shake up your tired eyes
The world is waiting for you
May all your dreaming fill the empty sky
But if it makes you happy
Keep on clapping
Just remember I'll be by your side
And if you don't let go it's gonna pass you by

let there be love




アランじゃないよ、アイラだよ。
どうも。昨晩ドルワイが5月17日にライブをやるということを知ったhopeです。
そしてさりげなく3月8日も Roddy が何かをやるらしく・・・

本当、mieさんと London で「タイミング悪いよぉ〜」って、
そんな話を繰り広げていたのですが・・・・

えっとぉ・・・・
これは何かの罰ゲームでしょうかっ!?(涙)

今この時期にイギリスに帰れる貯金はございません(号泣)

いいんだ、いいんだっ。
サマソニに来てくれることを切に願うからっ!
Fuji だったっき・・・・(大汗)



そしてやっぱり BBC Scotland の Tom の番組で、
「 Idlewild のコンサートがなんたらかんたら〜」
そんなことを言われてました←肝心な所が聴き取れてない(汗)





f0115932_1241223.jpgそんなこんなでシングル・モルトもしくはスコッチ・ウィスキー好きには聖地・Islay に行ってきましたぞ hope はっ!!えぇ、この左の小さめな飛行機で Glasgow → Islay 直通45分ぐらいです。この時期の Islay は人間よりも野鳥の方が、確実に多いんじゃねぇかってなほど、アイスランドからの渡り鳥でいっぱいです。えぇえぇ、噂に違わず・・・いや、噂以上に大自然な Islay!基本的に Scotland は自然が多い国で有名ですが、本当皆様の想像以上に素晴らしい大自然です。空港降りたら何にもないわけではありません。ピート畑ですがなっ(はぁと)


今回 hope がお世話になったのは、
Lambeth Guest House という B&B でございます。

当初、Islay に行ったら B&B はなんとかなるかなーなんて、
そんなことを思っていたんだけれども、
Glasgow の親友宅で「まだ決めてないのよ〜」なんて話したら、
「ここがいいらしいからっ!!」と、hope の Scottish ママがね、
この宿を手配してくれたのよね。


本当、ママありがとう(はぁと)
あやうくあたす、ついた瞬間から路頭に迷う所でした。

何故ってっ!?
それは中心地 Bowmore まで何気に距離があるっ(汗)

あたす、最初歩いて街まで行けるかなーなんて思ってたんだけど、
本当それは初心者の甘い考えでした。

無理ですっ!

B&B の母さんが迎えに来てくれなかったら・・・
バスを一時間以上待つもしくは一時間以上歩くというね、
初っぱなから気が遠くなっておりました。



Islay ( Scotland ) の羊は顔が黒いのね〜とか、
髪の長い牛(ハイランド・カウ)はいるの〜とか、
車の中でそんなことを母さんに尋ねておりました。


hope   「あっ、水・・・昨日、雨が降ったの?」
母さん 「あぁ、それは小さいLochよ。」
hope  「えっ、Loch? 」
母さん  「そう、Loch。」


あぁ、これが噂の Scotland 語か・・・。
(ちなみに Loch は Lake です。)


母さん  「あぁ、Bowmore の蒸溜所を予約しといたから、
      ウィスキーが好きって聞いたから、しといたから。
      宿に着いたら急いで Bowmore に行くのよ!」


あ・・・母さん・・・


母さん   「大丈夫、とりあえず荷物置いて、時間もあるから大丈夫だからっ!」


あたし、言えなかった・・・
Bowmore は他の日に予約してますから
って・・・


hope  「・・・a,ah, thank you so much! I like Bowmore!!」
母さん 「You're welcome!!」



本当、明るくてとっても優しい母さん。



次回に続くっ!!
[PR]
by hope0402 | 2008-03-07 00:17 | 食・酒
<< あっちもこっちも行きますが。 I didn't cr... >>