PhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucket

Come on Baby Blue
Shake up your tired eyes
The world is waiting for you
May all your dreaming fill the empty sky
But if it makes you happy
Keep on clapping
Just remember I'll be by your side
And if you don't let go it's gonna pass you by

let there be love




いざ尋常にっ!!
どうも。戦国武将でいうところの上杉謙信なhopeです。

あなたは戦国武将でいうところの誰?というのも、巷では流行っているらしく、さっそく私もやってみたんです。


===hopeさんの結果===

●武力:80点 [よくできました]
あなたの武力です。この値が高いほどあなたは敵をなぎ倒していき、戦闘で能力を発揮できます。現在でも愛する人を怪しい人から守るなどの時に役立つことでしょう。
●知力:75点 [よくできました]
あなたの知力です。この値が高いほど頭がいいことになります。戦闘で仲間の損害を最小限に抑え、相手の損害を大きくすることができます。現在では、有名大学に入って、一流企業に入るもよし学者となって、後世にまで受け継がれるような研究を行っても良いことでしょう。
●魅力:70点 [よくできました]
あなたの性格の良さです。この値が高いほど、周りの人の喜びを常に考える性格のいい人であるということです。
●政治力:65点 [よくできました]
あなたの政治力です。戦国の世でのし上がっていく為には、朝廷や他勢力といかに交渉するかも大事です。この値が高いほど、あなたは自分の会社などで勢力を持ち、出世していくことができることでしょう。
●才能:70点 [よくできました]
音楽ができるとか人を笑わせるとか、ちょっと個性的な才能。秀吉が天下をとることができたのも個性的な才能を十分発揮することができたからでしょう。


あなたは上杉謙信に似ています。昆沙門天といえば天台宗、日本仏教の名門である。念仏だけでOKという安易な三流仏教とは格が違うのであるなどと考えたかどうかはわからないが、謙信は反一向宗的な大名だった。戦国大名の多くが一向宗の力を利用しようと考える中、対決姿勢をとったのはこの上杉氏・島津氏・松平氏・天下統一に乗り出して以降の織田氏くらいである。織田氏らが領国支配の強化に伴う、いわば政治的な理由で強行策をとったのに対し、上杉謙信にはそのような階級問争的な契機はない(そんなに熱心に領国経営をしていない)。とすれば上記のように、仏教徒とは名ばかりの愚民ども(と、謙信は考えている)が百姓の身分もわきまえず武家をぶち殺すことに、彼の正義と秩序を愛する心は火と燃えたのだろうか。第一次信長包囲網の析は、反一向宗大名として信長と結んでいる。しかし越前一両一揆が解体した一五七五年以来、領国支配を強化する柴田勝家に対抗、越前浪人らの依頼もあって決起する。{五七年丸月、能登七尾城を攻めて落とし、さらに加貫手取川で大勝をおさめた。翌一五七八年三月、出陣の準備万端調った春日山城内にて念死。出陣先は小田原であったろう、というのが現在の通説。





なんだってさ。
今で言うところのGacktですね。
少し前だと柴田恭平や榎木孝明。

そうです、hopeパパは歴史が大好きで、大河ドラマや映画をよく一緒に見ていたんだよ。そして私は小学生の頃は「子供が産まれたら『謙信』か『景虎』と名付けよう!」と思った程、幼心に上杉謙信のファンでした。

で、さっきwikiで上杉謙信を読んでたんだけど。。。なんとなく納得。
短気だったりエキセントリックだったり、はたまた繊細でナイーブだったり梅干し好きだったり嫌いなものは徹底的に嫌いだけど義理人情に厚かったりなどなど←!?


以外と当たるぜ、これっ!




余談なんだけど。
上杉謙信・女説というのがあるらしくって、wikiとかの俗説読んでると「それもありかもっ!」と思ってみたり。

歴史って結局は語り継ぎな部分、もちろん文献もあるけどさ、そーいったものから研究されて日本史として記されているから、もちろん間違いなりなんなりあってもおかしくないと思う。だって今、鎌倉幕府についても改正があるとかないとか、騒がれてなかったっけ?




ちなみに私は常陸国府中藩育ち。
陽だまりの樹の主人公・伊武谷万二郎と同じです。

この常陸国府中藩、調べてみると徳川御三家と呼ばれる松平家のお膝元なんですの。六郷家→皆川家→松平頼隆が初代藩主となっております。

ちなみに徳川光圀(水戸光圀)とは(異母)兄弟です。
父・頼房は家康の11男・・ってことは、おじいちゃんは家康公ということです。
なので府中藩は城跡やら国分寺・国分尼寺があったり、なにかと歴史が残る街でございます。

さらに掘り下げると・・・現当主やらなんやらと徳川家の偉大さがわかります。



で、あたす平将門で下総国・常陸国が関連して名前が上がっていたので、てっきり府中藩周辺も桓武平氏の流れがあるかと思ってたんだけど、気になってwikiで調べてみたら、将門の父・良将の領地は下総国佐倉らしく、佐倉将門っていう地名もあるらしいから(根拠となる史料はないらしいが)、府中藩は桓武平氏とは関係なさそう。常陸国でも真壁郡らへんらしいし平氏は。


で、じゃあ府中藩は?って皆様思うでしょうっ!?

まず。徳川家・・・というか徳川家康がまず自称・清和源氏らしいんです。なので同じ徳川一派の松平家も同じく自称・清和源氏ということになりますな。

でもね、家康公ったら本性は藤原氏って言ってた時もあるらしく、本当は加茂氏、在原氏という説もあるのよね。まぁ父方・母方の血筋がそうなのよーってなれば、どの説も有力だと思うんだけど、日光東照宮や江戸幕府などの立地を考えると、陰陽師の宗家・加茂氏の血が、家康は強かったんじゃないの?とか思ってみたり。賀茂忠行は安倍晴明の師匠だそうですし。

で、気になったのでさらに調べてみると、家康の母・於大の方の実家の水野氏は清和源氏の一門でした。しかし・・・水野氏の中でも藤原氏と名乗ってみたり桓武平氏と名乗ってみたりする人もいたらしく、やはり歴史と言うのは奥深すぎます。



さらに調子に乗って、うちの母方の実家・仙台藩は伊達氏で藤原氏の流れでございます。

話によると、祖母より上の代までは山とかモロモロ、かなりの土地もちだったらしく、周辺を開発するとのことで国にかなりの土地を売ったらしいです。祖母の幼少の頃は農業を営んでいたとの話なので、まー恐らく武士の家系ではないと思うんだけど、今でも本家・分家など色々あるみたいだし頭のいい家系らしいので、もしかしたら登米伊達氏になんかしらの形で使えていた家系なのかも。


で、やっぱり気になってみたので更に調べてみました。

うちの祖母が仙台藩なのに対し、うちの祖父は会津藩もしくは越後藩周辺と見られ(姉は地名まで知ってるんだけど私は知らないのだっ!)、さらに祖母と祖父は親戚筋に当たるという話を以前に聞いたことがあるので、氏と家紋から照合して考えてみると・・・熊野神社の神官を務める穂積姓の家系の全国に散らばる子孫筋に当たるかも!?藤白◯◯氏と縁があるのかもっ!?←もちろん分家筋ということで遠いんだろうけどね。





で、さらにパパの家系も調べてみたが・・・
もしかしたら武士の家系だったかも疑惑!?
物凄く遠い祖先は佐藤公清だったかも疑惑!?
だとしたらhopeは藤原氏北家の遠い子孫でございます。

そう考えると・・・おじいちゃんの名前は、やたらめったら堅苦しい名前だった。
そして家に鎧兜、もう甲冑一式がおいてあったっけ・・・

まーでも。
物凄く遠い、びっくりするぐらい遠い子孫で武士の家系だったって感じでしょう。
うちの家紋は丸に一文字じゃなくて庵桔梗だし。


ちなみにこの庵桔梗はネットにある家紋図には乗っていないぐらいに珍しい家紋だそうです。


いやぁ・・・自分のルーツを辿るって、想像力を掻き立てられるから面白いねぇ。
気が強くて変に勘が鋭い性質なんかから考えると、あながちなんじゃねっ!?

あはははは☆





そんなこんなで疲れたので今日はここまで!
[PR]
by hope0402 | 2007-09-25 00:03 | 生活
<< もちろん朝の5時に起きました。 Noel's litt... >>