PhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucket

Come on Baby Blue
Shake up your tired eyes
The world is waiting for you
May all your dreaming fill the empty sky
But if it makes you happy
Keep on clapping
Just remember I'll be by your side
And if you don't let go it's gonna pass you by

let there be love




パンク男はセンチメンタル。
どうも。タタ・ヤンとパリス、どっちを支持するかって聞かれたら断然タタ・ヤン派のhopeさんです。

いやべつにパリスもキュートなとこあるから好きなんだが、やっぱタタの方が無条件にカワイイ。そして曲的にもタタの方が好きである。
I BELIEVE(DVD付期間限定)

ほらだって、可愛いべ。

ちなみにこっちがパリスのアルバム。
パリス~スペシャル・エディション(DVD付)

なんか、パリスって感じでしょ。

さっきニュースでエロカワ対決って出てたから、それぞれのオフィシャルいって試聴したんだが、やっぱりタタの方が私の好みだったって話。

っていうか、私が一番エロカワだっ・・・って言ってすぐに良心が痛んでみたり。


そんなこんなでどちらかってーとエロオヤジ系のhopeさんがご紹介するDVDっす。
ブコウスキー:オールド・パンク

我らが愛してやまない男、チャールズ・ブコウスキーの自伝に近いドキュメンタリー映画っす。

94年に白血病で亡くなってしまったブコウスキー。hopeさん彼の小説は短編を何作か読みましてね(って以前にもブログで触れているよね)、一体ブコウスキーってのはどんな人なんだろう??ってずーっと思ってましたの。やっぱり世間の声じゃなく、本人の声ってもんを聞きたいってもんよっ。

いやはや、小説通りのパンクでロックな男っす。

セックス、ドラッグ(はやってたかは知らんが)、アルコールは音楽業界の、ロックンロールの特権ではないんだぜっ。小説家だって、実にパンクな生き方を選ぶんだぜっ。

とにかくパンクな詩人の人生、観といて損はさせませんっ。

好きなことをやりつづける為に、嫌いなことをやりつづける。自分の信念を貫く為に、自分の信念に少しだけ嘘をつく。でもそのかわり、「とことん」な男ってやつっす。こんなに男気溢れる男は滅多にお目にかかれないぜっ。

ちなみにショーン・ペンやボノも彼の大ファンらしく、本編に軽く出演しています。まじボノの言葉には共感を覚えた。


っていうか、先に謝っておくけど、今日のブログは皆サマがブコウスキーを読んでるとか知らないとか関係ないかんね。もうhopeさんの好き勝手にやらせてもらうぜっ。


っていうか、人の生き方を変えるのに必要な言葉って、どんぐらいだと思う?
その答えはこのブコウスキーのドキュメンタリーに載っています。

そしてボノもhopeさんもこの言葉に生き方を変えさせられたね。そりゃ間違いないと思うよ。そしてブコウスキーファンの皆サマも、この言葉に感銘を受けたんだと思うんだよね。

基本的に彼は詩人なんだが、hopeさんは彼の短編が大好きでね、19〜20歳の頃は六本木の青山ブックセンターで彼の小説買いまくる日々を過ごしてましたよ。hopeさんの短編好きはブコウスキーの小説読んでからかなぁ。春樹さんよりも、もっと前から好きですもの。


たぶんノエルはどうかはわかんないけど、リアムが小説を読むとしたら、きっとブコウスキーは大のお気に入りなんじゃないかな?!年代は違うけど、生きていたらきっとブコウスキーと親友になってたと思うよ。

そんぐらい、ブコウスキーの生き方は最高にパンクでロックでロールなところがカッコいいんだな。

うんうん、物凄く人間臭いんだよね。



  くそったれ!  答えは6文字
[PR]
by hope0402 | 2006-08-28 04:12 | 本・映画
<< 最近の風邪は胃腸からくるかもし... きっとそういうことなんだろう。 >>