PhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucket

Come on Baby Blue
Shake up your tired eyes
The world is waiting for you
May all your dreaming fill the empty sky
But if it makes you happy
Keep on clapping
Just remember I'll be by your side
And if you don't let go it's gonna pass you by

let there be love




野菜ジュースの効能
私には物凄く好きな人がいた。

そう、「いた」の。
過去形なの。

勘の鋭い皆サマ、そうビンゴ。松銀のお兄さん。私が大好きだった人。そして今は「私の神経を上手に逆立てる人」というカテゴリーに分類されている。

でもねー、実際問題本当は大好きなの。自分でも不思議なんだけど、なんでか好きなの。でも繋がりはもうないの。こないだメアドを変えたんだけど、松銀のお兄さんには連絡してないの。

だって、人間関係を損得で考えてるんだもん。繋がってるようで繋がっていない関係なんて、私はまっぴらごめんだ。

必要だったら電話番号やPCのメアド知ってるんだから、それでコンタクトとってくればいいし、不必要なら一切コンタクトとってくんな。って話。

「聞きたいことあって必要だったらメールするけど、そうじゃなかったら必要じゃないからメールしない」という彼の定義に彼を当てはめてみると、私の中では彼に聞きたいことなんて一つもないから不必要、ってことになってしまうのだ。

自分の損得ばかり考えるから、人に優しくできないんだよ。

好きだから必要と思うわけであって、好きだから繋がりを持ちたいと思う。それっておかしいことなのか?そうじゃないなら、信用なんて出来ないよ。

まぁ。もう二度と会うこともないのだろう。寂しさや後悔が襲うことがあっても、私は間違った選択をしたとは思わない。いくら打たれ強くても、傷つくことだってあるんだぜ。傷ついたらパテで埋めればいいって話でもないんだぜ。何度か繰り返せば慣れてしまう痛みなんて存在しないんだぜ。

私だって泣いてしまうことはある。



私には物凄く好きな人がいた。
[PR]
by hope0402 | 2006-08-10 00:11 | 生活
<< しゃくしゃくよゆうでくらしたい 6回目の8月9日 >>