PhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucket

Come on Baby Blue
Shake up your tired eyes
The world is waiting for you
May all your dreaming fill the empty sky
But if it makes you happy
Keep on clapping
Just remember I'll be by your side
And if you don't let go it's gonna pass you by

let there be love




一体、何を見てきたんだろう・・・
8ec5e832.jpg
ノエルのどこが一番好き?って聞かれたら、「そんなん、全部なんだから答えようがない。」と言いたい所だけど、強いて言えばやっぱり「目」だよね。
別にブルーアイズがいいとかじゃなくってね、ノエルの目には「ノエル・ギャラガー」の生き様が感じられるから。

なんだろ、音楽からもビシバシ感じられるけども、「目は口程にものを言う」じゃないけどさ、なーんかノエルの人柄がとっても感じられます。本当、いろんな意味で人間として「太い」んだろうね。だから私はノエルが大好き。

「人間って顔じゃないよね。」っていうのは、基本的に賛成。
「性格って顔にでるよね。」っていうのは、絶対的に賛成。
「生き様って顔にでるよね。」っていうのは、確信的に賛成。

いやでもね。ノエルの目を見てると、そんな風に思わずにいられない。本気で生きてきた証拠だと思う。40歳でこの目を持ってる人って、なかなかお目にかからないと思います。
まぁー25歳の若造が何を生意気にって思われるかもしれないけど、こーんな甘ったれた人間なんだけど、それでも人を見る目だけはほんの少し自信がある。

この場合、人の性格や性質を感じ取って読み取って推測することであって、イイ男を選べるかどうかの問題ではない・・・。言い訳じゃないけど、どんな性格の人だってそれは「その人個人」なんだから、その事実だけで私は十分。人にはそれぞれ良いとこもあれば悪いとこもあるのは当然のことなんだからね。表面的な性格と深層的な性格とあるからね。

いや、よくわからん話になってくるので本題に軌道修正。

あまりにもアエラの記事が大好きなので、そのまま載せてもらいます。

====================

 彼らのライブはいつも観客の大合唱に包まれる。日本のロックファンに、誰よりもシング・アロング(共に歌う)の快楽を教えてくれたのは彼らだろう。
 思わず一緒に歌いたくなるあのメロディーは、一体どこからわいてくるのか。

「そりゃあ、オレが天才だからだよ・・・って、ホントはオレにもよく分からない。ギターでいくつかコードを引いているうちに浮かんでくるんだ」
 
 英マンチェスターの貧しい家庭に育った。父親は大酒飲みで暴力を振るう。楽しみといえばサッカーと音楽だった。13歳でギターを始め、コツコツと曲を書きためる。

「マンチェスターで貧乏暮らしから脱出するには三つしかない。サッカー選手になるか、ロックスターになるか、それともドラッグ・ディーラーか。幸い、オレにはギターの才能があったからな」

 バンドの結成の機会を探っていた頃、街一番の不良だった五つ違いの弟リアムが参加したオアシスの演奏を聴き、その声に度肝を抜かれた。バンドを事実上乗っ取ると、あとは怒濤の進撃である。
 CDセールもさることながら、ライバルのバンドに対し、「エイズで死ねばいい」と暴言を吐いたり(後に謝罪)、兄弟げんかで公演が中止になったりと、その振る舞いも久々のワーキングクラス・ヒーローとして強烈な存在感を放った。
 あれからざっと10年。
 メンバーチェンジを経たオアシスからは「ノエルがすべての曲を作り、リアムが歌う」という図式は消え、全員が曲を提供する。曲調は多彩になり、野望に満ちあふれていた頃の「これがロックだ、文句あるか」路線とは趣を異にする。
 金は十分稼いだし、年もとった。
 それでもロック界の「セレブ」におさまるつもりはないようだ。

ーアフリカの貧困問題を訴える「ライブ8」には出演しませんでしたね。
「招待されたけど、マンチェスターでのライブと重なったから断った」
ーそのライブがなければ?
「・・・・ノー。崇高な運動だと思うがな。It's not my thing.(オレの問題じゃない)・・・・というか、みんなで貧困問題を解決していこうだと?クソ喰らえ。まずブッシュとブレアにやらせるべきだろ!」

ワーキングクラス・ヒーローの面目躍如というべきか。
 
             編集部 市村友一氏

=====================

ね、愛がある記事だと思いませんか?さすがアエラ編集部の方だ!!

ほら、オアシス好きやロックファンにはオアシス伝説は有名だけど、アエラ読者が精通しているかって言ったら『どーなんだろ?』って感じでしょ?それを愛情込めて分かりやすく説明してくださって・・・素敵。
別に私がノエリッシュだからってわけじゃないんだよ。そういうのを抜きにして市村さんの文章には「人を引きつける魅力がある」と思ったんです。読み手を世界に引きずり込んでしまう力があるように思う。

またほら、文章力のない人間が偉そうに言ってるね。許してくださいって。

でもねー本当に市村さんの文章には感動したのー。オアシスファンとしてーノエルファンとしてー凄い嬉しかったのー。

            以上!!!
[PR]
by hope0402 | 2006-03-01 02:57 | oasis
<< 音速の夏! その澄んだ青い目に気付かないわ... >>