PhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucket

Come on Baby Blue
Shake up your tired eyes
The world is waiting for you
May all your dreaming fill the empty sky
But if it makes you happy
Keep on clapping
Just remember I'll be by your side
And if you don't let go it's gonna pass you by

let there be love




あたしのことも、溺愛してよっ!
どうも。Noelに溺愛されたいhopeです。

それは世界中のoasisファンが思ってるぞっ!!


もうねー、
皆さんに誤解のないように言っておくけどもね、
そりゃNoelが可愛いとかいう発言もするけどもね、
だってそれはNoelが可愛い仕草をするからであってね、
男女関係なく萌えのポイントを突いてくるんだけどもね、
まぁそれはLiamも同様っちゃ同様なんだけどもっ。


oasisの一番の魅力は楽曲なのよっ!
決してチャーミングな極太眉毛ぢゃないのよっ!



何故いきなりこーたことを言うかってっ!?

そう。
hopeは盲目的にNoelが大好きだけれども、
盲目的にNoelが大好きなものを好きになれないから。


ビートルズはリンゴが好きだし、
premierではchelseaが好きだし。




そんなことを、
ふと思ったんです。







うちのアニキのcoldplayへの溺愛っぷりビデオを見つけまして。
えぇ、たっぷりとLive Foreverを歌わせてあげてます。

そう。
私は他の3人のoasisメンバーと同意見。


私もthe beatlesは好きだけど。。。

Noelはcoldplayのどこに、
the beatlesを感じるのっ!?

本当、謎は深まるばかりでございます。




とりあえず、Noelが可愛いので観てくだせぇ。






そして。
何気にsongbirdもカヴァーしているという。。。





カヴァーということで愛嬌ですが、
songbirdの音を外しまくっているクリス。
きっと嫁のことを思いながら歌っていたのだろう。


でもさ〜。


やっぱりsongbirdはLiamが歌ってこそ、
極上のlovesongになるってもんだよねぇ(はぁと)

wildな声でsweetな詞を歌うLiam。
ここが絶妙なんですわぁ。。。



で。

本家本元songbird。




プロポーズをされるなら、
密かにshe is loveよりもsongbirdかも・・・!?






アッキーニョんちで観たんだけど、
the viewがoasisの前座やりたくて、
oasisに向けてpv作って訴えてるそうですが。。。


しょうがないよ、
今回はカサビーエネミー舎弟でいくんだよ。

1stしか知らないけど、
音が違うからなのかなぁ。。。


でも。
Noelに熱い思いは伝わってると思うから、
次回の来日公演に一緒に来ちゃえばいいじゃんかっ☆



あとは・・・

まず、カサビーに溺愛してもらうとかっ!?

あのNoelのカサビーへの溺愛っぷりからすると、
鶴の一声で決まっちゃうかもしれないよっ!?


私もoasisが好きだからなぁ。
the viewの気持ちは、わかるよなぁ。。。


さぁ、皆して応援してあげましょうっ!
oasis好きは、皆友達だぁっ!!!






f0115932_1381262.jpgで、オマケ。
最近のトムちゃんですが、モロクソ髪が長くなってきております。デビュー当時よりも長くなってる感じですが、個人的な好みとしては短い方が可愛いのにな、ユアン・マクレガーを彷彿させる風貌で可愛いんだしーみたいな。ぽっちゃりぽちゃぽちゃしててもいいから、どうか来日前には散髪してほしいかもと、密かな願いだったりします。もしくは新譜はこの髪型のようにサイケデリックになるのかしら!?そうならカサビーはoasisの前座の座は一生確保できますなっ。


そう。
Noelはサイケデリックなお年頃なのです。





Liamよっ。
なんならモデル経験のあるトムちゃんを、
pretty greenのモデルとして起用しちゃうっ!?
きっと格安のギャラでやってくれるハズよっ!!



なんか。
トムちゃんのナルは、
憎めないんだよねぇ。









追伸。
Mステ、行ってきます。
[PR]
by hope0402 | 2009-03-25 00:49 | oasis
<< そいつの意味は、私もわからんぞっ。 We Will Rock Yo... >>