PhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucketPhotobucket

Come on Baby Blue
Shake up your tired eyes
The world is waiting for you
May all your dreaming fill the empty sky
But if it makes you happy
Keep on clapping
Just remember I'll be by your side
And if you don't let go it's gonna pass you by

let there be love




私の魂も、燃えてるわよっ!
どうも。oasis公演にメラメラ燃えているhopeです。

もう、言わなくても。。。


でも。
言わなきゃ伝わらないこともある。



ここ2〜3か月、
ネットのニュースでよく目にしている言葉。
燃える氷ことメタンハイドレート。

まー字のごとく。

天然ガスの主成分であるメタンが、
高圧・低温の海底下や凍土下で、
シャーベット状に固まったものらしいです。

それが日本海にたくさん眠ってるんですって。


資源が乏しいと言われる日本だけに、
これが発掘されて実用されたら、
まー輸出しても国内で消費しても、
どちらにしたって経済効果は素晴らしいものだろう。


そう思って、密かに実用になるのが楽しみなんだけど。

なんの考えもなしに掘り起こしたり使用したりして、
その後の環境への影響とかはどーなるんだろう?とか、
そこら辺もちゃんと研究されてるんだろうけど、
一般人にもメリット・デメリットを伝えてもらえると良いね。



これを機に。
日本でもセントラルヒーターが発達すればいいのにな。







モウリーニョが大型補強をしたいらしい。
なんてニュースを見たんですけど。

ミケルもカルバニョもディディもあげません。
インテルには行かねーぞコノヤロー!


いくらモウリーニョが好きな私でも、
やっぱりうちの大事な選手にツバつけてもらっちゃあ、
「お願いだから、それだけはやめて(涙)」と、
懇願するしかないのよぉ。。。。


まー確かにCLの方式が変わったのも、
プレミア勢が強いと言うこともあるらしいけど、
だからと言って・・・涙がでちゃう。

そもそもスタイルが違うんだからさー。


ってのを考慮してかジョセ、
chelseaからはイングランド人を欲しいとは言ってません。
他の選手のnationalityは知らないけども、
うちからは名前が上がってきてませんですハイ。



っていうか。。。
chelseaに帰って来て←しつこい




最近。

というかたまに。

iPod nanoでjohn lennonのベストを聴いてるんだけど、
やっぱり詞がいいんだよねぇ、johnの。
liamが大好きな気持ちがわかります。


ちなみに。
私がjohnのソロの曲の中で好きなのは、
beautiful boyという曲なんだけどもね。

言わずと知れたショーンへの子守唄、的な。
そんなjohnの愛に溢れた歌なんですが。


最近、物凄く涙もろくて仕方がないんだけど。
johnの愛情に思わず目頭が熱くなってしまう。



音楽も趣向品と言えば趣向品。
だから感じ方って人それぞれだと思うのよね。
ココが好きとかアレが好きとか、あると思うの。


だからbeautiful boyを聴きながら、
部屋で独りで泣いていても、
どうか気味悪がらないでください。

Liamのように、感受性が豊ということで。


で、その感受性の強い我らがLiam。


pretty greenというファッションブランドをっ!!

立ち上げたそうです。


"Clothes and music are my passion. I'm not here to rip anyone off and I'm not doing it for the money either. I'm doing it cuz there's a lack of stuff out there of the things I would wear"
Liam Gallagher 2009



えぇ、昔からLiamのこだわりは知っていますともっ。


音楽と服を愛してるんだ。
金の為にやるってわけじゃねぇし、
何にもしねえでここに居るわけでもねぇ。
ただ、自分の着たい服をやるんだよ。

平たく言えば、そんなことをLiam様はおっしゃってます。


こーたニュースが出ると、
「なんか広告とか宣伝とかだけど、
 作ることには関わってないんでしょう?」
そう思われるのはLiam的にも予想してたのでしょう。

なので〜
だので〜

最初にキッパリ「俺はやるんだぜ」と。
男らしく宣言しているわけですよっ!



たぶんLiamのこの意気込みからすると、
デザイナーと生産の人とみっちり話し合って
責任持って最初から最後まで携わると思うのよ。


立ち上げたっていうか。
企画というかなんというか。
本気で作るんだろう。




昔、服屋の営業事務をしてたから、
なーんとなくのイメージがわくんだが。

大変なんだよー、洋服作るのって。



企画とデザイナーと生産が話し合って、
こんなデザインであんな生地とか使ってJK作ろうぜー。

デザイン描いて来たけど、どうよー?
あーしたほうが、よくね?
ボタンとか、けっこうコストかかるのかい?

パターンナーにパターン起こしてもらわなー。
仕様書作らなきゃー。
素材とか発注しなきゃー。
工場どこにするー?


などなどなど。。。

まだまだ盛りだくさんで仕事はあるんだよ。
生地だって最初から作るってのも大変だし。


サンプル上がってきてイメージと違うと、
また生地を変えたり手直ししたりもあるだろうし、
進み具合で納期も変わってきてしまうし、
工場ひとつにしても、どの工場があれには強いとか、
生地にしても減反しちゃうかもだし、
計算あわなくて生地からとれる服数が減る可能性あるし。



Liamが自信を持ってお届けするって、
日本版にも書いてあったりするから、
きっとコアな部分まで関わって行くんだよ。




っていうか。

Liamもついったー始めたから、
私も始めてみます、ハイ。






Tìoraidh an-dràsta!
[PR]
by hope0402 | 2009-03-20 00:13 | oasis
<< prettyboy -we ... Is mi dòchas! >>